LGC(ラブグラフクリエーション)の月額や期間は!カメラマン養成の撮影技術内容をチェック!

出張写真撮影サービスで15,000組以上の撮影実績を持ちカップル撮影やファミリーの記念写真で人気のLOVEGRAPH(ラブグラフ)

そんなラブグラフのトップカメラマン達が講師を勤め、短期間でプロカメラマンに必要な技術を習得できるのがLGC(ラブグラフクリエーション)です。

すでに受講生が200人を突破しており、卒業すればラブグラフのカメラマンとしてプロの活動ができますよ。

ラブグラフで副業として休日にカメラマン活動をしている方も多く、撮影技術やレタッチの方法だけでなく大切なコミュニケーションについても学びます。

前から写真を撮るのが好きでいつか人の役にたつようなカメラマン活動をしてみたいと思っていた方にはおススメですね。

LGCの受講はスカイプでできるので地方にいても受講できますよ。

ではLGCの月額やどんなことが学べるの?

そこで今回は

【LGC(ラブグラフクリエーション)の月額や期間は!カメラマン養成の撮影技術内容をチェック!】

についてお伝えしていきます!

LGC(ラブグラフクリエーション)の月額や期間は?

LGC ラブグラフクリエーション 月額 期間

◇月額はなんと10,000円で受講は約2か月間!

LGCではラブグラフでプロのカメラマンとしてお客様の写真撮影ができるレベルになるような技術を教わることができます。

なのにLGCの受講費は月額が驚きの10,000円

受講期間も最短で2か月です。

 

通常カメラマンになるための専門学校に入った場合、費用は卒業までの総額で280万円くらいはしますね。

通学期間も2年は必要です。

 

でもLGCでは短期間、低月額ですから前々から写真に興味があれば是非受講したいところですね。

講座はスカイプで受けられるのでどこに住んでいても受講可能で、ラブグラフでは所属カメラマンが首都圏に多いので地方のカメラマンは貴重です。

もしも休日に趣味で写真を撮っているという方、副業したいけどカメラマンって個人で休日だけ仕事するのは難しいよね?と思っている方。

LGC ラブグラフクリエーション 月額 期間

人を撮るのが好き、写真で誰かを笑顔にしたい!という方。

そんな方は是非LGCに応募してみてはいかがでしょうか。

LGC(ラブグラフクリエーション)ではどんな撮影技術内容が学べる?

LGC ラブグラフクリエーション 月額 期間

◇撮影技法の基本から構図、レタッチ、コミュニケーションノウハウまで学べる!

LGCではどんなことを学べるのか、具体的に見て行きましょう。

LGCに応募すると以下のような流れで卒業・採用に至ります。

① 一次審査

応募必須事項やポートフォリオを拝見し、審査をする

② 二次審査

一時審査通過者の方のみを対象にスカイプ面談が行われる

③ LGC受講(一般クラス、特進クラス)

2次審査を通過したら研修で撮影やホスピタリティ技術を学ぶ。

レベルに応じて「一般クラス」(口座と毎回の課題で基礎を学ぶ)か「特進クラス」(一般クラスから進級でき一人で撮影に行ける力を習得する)を受講。

※技術レベルによっては2か月たたなくてもすぐ正式採用されるケースも。

④ ラブグラフで本採用される

一人で撮影できる一人前のレベルになったら正採用となり実際の撮影現場で活躍できる!

講座の内容はマニュアル操作・構図の選び方・きれいなレタッチ技術・コミュニケーション技術などですよ。

口座の受講は2か月で、受講回数はレベルに応じて最短2回、平均は5~6回です。

毎週5日(月~金は毎日開催)行われている中から好きな時間に受講でき1回2時間です。

1回の講座に1~4人の生徒が参加して写真レビューを聞けて講師のアドバイスもあるので短期間で効率よく学べますよ。

少人数で自分の写真に対し具体的なアドバイスをバシバシ聞けるのが専門学校などの大人数一斉授業と違って短期間で即戦力につながるポイントですね。

しかもプロの講師から毎回直接個人的な指導を受けることができるという機会はなかなかありませんからとても恵まれた環境に身を置けます。

テニスで言えばプロによるマンツーマンレッスンを毎回受けられる2か月間ということで、一人で試行錯誤するよりも濃密な機会となるでしょう。

一人前のレベルに到達したと講師陣が判断した段階で卒業となります。

もしも2か月で卒業できなくても相談の上継続可能です。

LGCの講座は受講期間中なら何度でも受けられるので納得いくまで実力を磨けますよ。

ラブグラフでは技術だけでなくホスピタリティも重視しているので、具体的なお客様とのやり取りについてもしっかり押さえられます。

まとめとして

カメラマンになるといっても撮影する対象は多岐に渡りますが、ラブグラフでメインにしているのは「人」の撮影です。

カップルの撮影から始まったラブグラフの事業ですが、今や対象は赤ちゃんからファミリーまで多くの「人」の幸せを写真に表現していますね。

技術だけでなくあなたの「人と話すのが大好き!」「幸せな空気をカタチにしたい!」という想いこそ、LGCでは大切にされます。

気になった方は是非応募してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です